「他人事に首を突っ込む」を英語でいうと?

「他人事に首を突っ込む」を英語でいうと?

Takashi’s Japanese Dictionary で「ありがた迷惑」の意味を英語で解説したときに(記事はこちら)、「他人事に首を突っ込む」という意味の英単語をネイティブに教えてもらったので、シェアします!

meddle in

meddle in somethingで “somethingに首を突っ込む” という意味になります。例えば、”meddling in other people’s affairs” (他人事に首を突っ込む)などのように使えます。

poke one’s nose in/stick one’s nose in

“poke/stick one’s nose in something”は直訳すると「鼻をsomethingに突っ込む」という意味で、転じて「他人のことに首を突っ込む」というmeddle in と同じ意味になります。ちなみに、”stick”は「突き刺す」、poke で「突っ込む」という意味です。”stick a fork” (フォークを突き刺す)、”poke my finger “(指を突っ込む)などと使えます。

また、同じくnose(鼻)から派生した関連語に”nosy“という形容詞があります。この単語も「他人事に首を突っ込んでくる」という意味で、“nosy neibughers” で「お節介な隣人」と表現できます。

お前には関係ない: It’s none of your business

もし、他人が自分のことに首を突っ込んできて、ありがた迷惑なことをしてきたら「お前には関係ないだろ」と、つい言いたくなりますよね。その感情を英語で表現すると “It’s none of your business”となります。まさに、「あなたには関係ないでしょ」と言いたい時に使えます。もしくは、“mind your own business”で「人のことはいいから自分のことに集中しろ」という意味になります。

シェアする

フォローする