ゴミ屋敷を英語でいうと?

ゴミで溢れかえっている家、通称「ゴミ屋敷」を英語でどう表現するかについて解説したいと思います!

「ゴミ屋敷の住人」≒ hoarder

実は、「ゴミ屋敷」に対応する英単語は存在しません!その代わり、物が捨てれない人を “hoarder” といいます。そのため、ゴミ屋敷は “a hoarder’s house”と表すことができます。試しにhoarder’s house 画像検索してみると、以下のようにゴミ屋敷の画像がたくさんヒットします

“hoarder’s house”画像検索結果

ただし、下記の通り、hoarder は「物を溜め込む人」という意味がメインの単語なので、必ずしもゴミを溜め込む訳ではありません。そのため、ゴミ屋敷の持つ「臭い」とか「ゴミだらけ」のようなイメージはこの単語にはありません。そのため、より正確に記述するには a “hoarder’s house overflowing with tons of smelly rubbish” (臭いゴミで溢れかえっているhoarderの家) と言った方がベターです。

hoarderが溜め込むのはゴミとは限らない

実は、hoarderという単語は一般に「捨てれない人」のことを指します。そのため、book hoarder で「どんな本でも捨てれずに溜め込んでしまう人」という意味になります。また、a hoarder of money で「守銭奴」という意味にもなります。お金を極力使わずに溜め込む人のことですね。ちなみに、守銭奴は別の単語で “miser“とも言えますが、微妙に意味は異なります。以前、その辺の英単語をまとめて詳しく解説したので、読んでみてください!(下部リンク)

hoarding disorder: 溜め込み障害

hoarder は “hoard”という動詞から派生した単語で、hoardは「(安全な場所、秘密の場所等に)大量に溜め込む」やという意味になります。例えば、hoard food とか hoard money  などと使います。また、“hoarding” というと「溜め込む行為」を示すのですが、 ゴミ屋敷のように病的に物を溜め込んでしまう事を示すことが多いようです。例えば、このサイトでは

Hoarding disorder is a persistent difficulty discarding or parting with possessions because of a perceived need to save them.”

溜め込み障害とは、保持しておく必要性を感じるために自分の所有物を捨てたり手放したりする事がいつまでも出来ない症状の事です」

と説明されています。なお、hoarding disorder は “compulsive hoarding” (強迫的溜め込み行為)とも言われます。ここで用いられている “compulsive” は「強迫観念や何かにとりつかれたような」という意味で、”compulsive buying disorder”で「買い物依存症」という意味になります。

また、本が捨てれずに苦しんでいる人のことを医学用語で”bibliomania“というらしいです。医学用語が存在することからも、hoarderはただのコレクターじゃなくて病的に物を集めてしまう人のことを示すのだとわかりますね。

関連記事:

Takashi’s Japanese Dictionary: The meaning of ごみ屋敷 in English:外国人向けに、英語で「ごみ屋敷」の意味を説明をしています。

「守銭奴」や「ケチ」を表す英単語をまとめてみました;合計8単語の「ケチ」の類義語を整理しています。

シェアする

フォローする