外国人を見たら必ず英語で話していませんか?

外国人=英語の練習相手?

最近、日本に住む外国人の数が大幅に増えてきましたね。そこでよく目にするのが「外国人を見たら必ず英語で話そうとする人」です。確かに、日本では英語を使う機会というのはまだまだ少ないですから、外国人に対して実際に英語を使うというのは非常にexcitingだと思います。しかし、必ずしも彼・彼女らは英語で話しかけられることを望んでいません。むしろ、「日本にきて日本語を勉強しようとしているのに、何故英語で話しかけられなきゃいけないんだ」と感じる人はとても多いです。例えば、もし我々が英語圏で留学をしているのに周りから毎日下手くそな日本語で「日本語の練習相手」として話しかけられたら、ウンザリしませんか?きっと、「自分のことを友達として見てないのかな?」と感じることでしょう。そのため、観光ではなく勉強や仕事のため来日している外国人に対しては、僕はなるべく日本語で最初話しかけるようにしています。

外国人は日本語が喋れない?

また、外国人に対して常に英語を使うということは、「どうせ”外人”は日本語が話せないんだろう」と差別していることにもなります。日本にいる外国人の中には日本語を母国で一生懸命勉強してきた人達も含まれるわけで、実際に日本語がとても上手な人もたくさんいます。それなのに、「外国人」という一つの括りで全ての人を考えるのは、非常に差別的なのでやめましょう。

相手に手加減するのは失礼?

英語圏に留学したことがある人はわかると思うのですが、英語ネイティブはこちらのレベルに合わせてゆっくりと英語を話すということは稀です。相手が話すのが早すぎて”Pardon?”と言ったのに、また同じスピードで話されて聞き取れないなんてことは日常茶飯事です笑。一度、イギリス人の友達に「なんで聞き返しても同じスピードでまた答えるの?」と聞いたところ、「あえてゆっくりと英語を喋るのは相手に失礼な感じがするから」と言われました。ゆっくり喋ると、相手を子供扱いしているように感じてしまうようです。そのため、相手が外国人だからといって必要以上にゆっくりと日本語を話してしまうと、「自分のことをバカにしているのかな」と思われる可能性があるので、気をつけましょう。

英語で話したい外国人も多数いる

とはいうものの、日本語が苦手もしくは学ぶ気が全くないため、英語で会話をすることを好む外国人が多いのも事実です。例えば、六本木等にある外国人がよく集まるバーなどによく顔を出す人は、日本語よりも英語を好む傾向があるでしょう。なので、もし日本語で話しかけて “I don’t speack Japanese” などと言われた場合は、当然ながら英語で話した方がベターでしょう。日本語も英語もコミュニケーションのツールなので、相手の対応をみて使い分けるのが良いでしょう。

外国人と英語を話すのは良い勉強法なのか?

英語圏で生活したり、外国人とたくさん会話をすれば英語力が伸びると思っている人が多いですが、必ずしもそうだとは限りません。例えば、会話中に間違った表現を使ったとしても、それらの間違いをいちいち指摘してくれることはありません。我々も、会話中に外国人が「サッカーを詳しい」のように少し間違った日本語を使ったとしても、軽く流してしまうでしょう。そのため、間違った表現をそのまま覚えてしまう可能性もあります。

そのため、もし本気で効率よく英語の勉強をしたいなら、英会話の講師と会話を沢山することをオススメします英会話講師は間違いを指摘するのが仕事なので、こちらの誤りを見逃さずに訂正してくれます。近年はオンライン英会話の台頭で気軽に格安(1回200円とか)でレッスンを受講することができるようになったので、オススメです。英会話についてはこちらの勉強法についてのページでまとめたので、読んで見てください。

シェアする

フォローする